« F1(元ドライバー)小林可夢偉WEC フェラーリAFコルセ加入\(゜▽゜)/ | トップページ | アニメ 『ベン・トー』 視聴後の感想 »

2013年7月22日 (月)

2013年参院選終了。投票率の低さを考えてみる

参院選の結果は自民党安倍政権への期待値の高さはまだまだ衰えを知らないようだ。
私は基本的に親自民ではあるが当選に届きにくいが国政に上げたいという候補を後押しするつもりで投票している。
今回は選挙区には生活の党の候補、比例代表には元自民の維新候補に投票をしたが残念ながら落選してしまった。

落選したからと言って国民の為の政治を行ってくれるなら資質は十分あると思う候補は沢山いた。
しかし、今の選挙は候補者の資質により選択するのではなく政党と団体による選挙になっている点は否めない。
仮に与党以外の良い候補者が選出されても与党でなければ政治的決定に携われない。少数政党が乱立する中で派閥や党派色に染まらずに独自の判断で活動できる政治家は決して多くない。まとまりがない民主党のような政治になっても困るが政党政治よりは政治家個人の思想が反映される政治の方が良いに決まっている。

政治への期待と熱はまだ冷めていないはずだが何が投票率の低さに影響したのだろうか?
とりあえずすぐに思いついた点は下記のようにいろいろある。

・参院選の役割が低い
・自民以外の選択肢不足、批判ばかりの野党への失望
・自民大勝が既定路線であったから
・ワタミ氏の出馬
・党派色と候補者認知不足により投票意欲を削いだ
・選挙の争点に欠いた
・政治への期待値の低下
・ネット選挙を含めて広報が十分でなかった

しかし、詰まる所政治が国民のものになっていないという事が投票率の低さの大きな原因だと思う。
国民の考え方や希望が柔軟に吸い上げられダイレクトに生活に反映されるならより政治は身近になり投票率も上がる事だろう。
これまでも政治が遅々として進まないのは国民はよく知っているし、民主党の勢いがあった頃は単なる反抗の為の反対で時間が無駄に費やされてきた過程がある。足を運んでまで投票する動機を与えられなかったのはまだまだ政治へ不信が払しょくされていない証拠である。

ともかく国民の生活は刻々と進んでいる事を考えて少しずつでも良い政権運営が政治を取り戻すきっかけになっていく事だろう。今後の自民党の政治を期待したい。

|

« F1(元ドライバー)小林可夢偉WEC フェラーリAFコルセ加入\(゜▽゜)/ | トップページ | アニメ 『ベン・トー』 視聴後の感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1142280/52562870

この記事へのトラックバック一覧です: 2013年参院選終了。投票率の低さを考えてみる:

« F1(元ドライバー)小林可夢偉WEC フェラーリAFコルセ加入\(゜▽゜)/ | トップページ | アニメ 『ベン・トー』 視聴後の感想 »