« 「いじめ」について少し考えてみる | トップページ | F1小林可夢偉3年過ごしたザウバーを放出、(;;) »

2012年11月10日 (土)

ドラマ『悪夢ちゃん』についての雑感(4話まで視聴)

最近面白そうなドラマをやっている。『悪夢ちゃん』というドラマだ。 普段はドラマなど見ないもののGACKTが出るというので見始めた。
そもそものタイトルの響きからして魅力を感じないと思っていたし、1話目を見た印象では演出はCGや人形を使って安っぽい特撮を彷彿とさせ、役者の芝居にも独特の不自然さに違和感を感じたりもした。 髪が前髪の半分が白髪の女の子、創作作品からそのまま実写化させたかのような博士、GACKTの夢王子役も風貌など改めれば耽美な王子役も可能だろうが少々微妙に見えるし(パーマももっさり、少々太いようにも見えたが彼は筋トレの鬼で武闘派なので太いのだと考えてこの際まぁ良いとする)一言で言えば、「作り物感」が多いという事ではないだろうか。

しかし、回を重ねるにつれてそれは誤解ではないかという思いが湧いてきた。期待値が低かった分もあって主役の北川景子の演技と今後が何とも面白くなりそうだからだろうか。外面のいいサイコパス先生のメッキが剥げて次第に言葉が重たく響くセリフが多くなった気がする。(私は北川のセリフでちょっと泣いてしまった。)北川サイコパス先生がGACKT教授の雰囲気をフィギュアっぽいっといったのも作り物感という気持ちを強めた。夢をテーマにしている分作り物感があった方が視聴者を奇妙な物語に引き込む演出装置としてなら悪くない気もする。このような違和感は独特の空気を出す為の演出を考えての事ではないだろうか。それとやはりGACKTが出ると他の役者にないオーラがあって空気が違う。演技がうまい役者は他にたくさんいるだろうが独特の空気を出せるのは多くないだろう。演技も結構こなれている感じで良いと私は思っています。

脚本や音楽も経験豊富な方が担当されているようだし今後に期待したい。(脚本は大森寿美男、音楽は横山克、原作は恩田陸、大森さんは大河の風林火山などでGACKTと関わりが多いみたいです。)
北川さんの言った空気を読んで笑うような大人にならないようにしていきたいと思います。

|

« 「いじめ」について少し考えてみる | トップページ | F1小林可夢偉3年過ごしたザウバーを放出、(;;) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1142280/47793909

この記事へのトラックバック一覧です: ドラマ『悪夢ちゃん』についての雑感(4話まで視聴):

« 「いじめ」について少し考えてみる | トップページ | F1小林可夢偉3年過ごしたザウバーを放出、(;;) »