« 終わりから始まる『あの日見た花の名前を僕はまだ知らない。』 | トップページ | ドラマ『悪夢ちゃん』についての雑感(4話まで視聴) »

2012年7月19日 (木)

「いじめ」について少し考えてみる

大津市のいじめ自殺の話題に関連する記事や報道が過熱している。新事実の発覚や芸能人のブログやツイッターなどの発言もあってか事態が沈静化する気配はまだない。
行き過ぎている面があるかもしれないが、多くの人が広くいじめ問題に目を向けるいい機会になった。
学校・教員らの保身的な隠蔽体質がつぎつぎと露呈(我慢すれば丸く収まる口止め見て見ぬふり)これはどうあっても看過できない事柄だ。


「いじめ」と「いじる」境界

このいじめ騒動に言及している芸能人ではロンドンブーツの田村淳が何かしら述べているという。
感情的な表題で”「いじる事といじめを一緒にしないで欲しい。僕はいじめられた経験はあるがいじめた事はない!」 ”といった具合に言われている。恐らく普段の芸風が激しいらしいのか自身を正当化しているように見えるのだろうか。しかし彼の言っている事全体を見れば言ってる事は間違ってはいない。

芸風により誤解を受けているかもしれないし、発言のまとめをみる限りではいじるいじらないの話題は他の方からの返信であり、自分から言い始めたわけではないので正当化とも違う。今回の事件うんぬんはともかく違いはあるわけだし。

確かに私もお笑い芸人を見て「まるでいじめじゃないか」という感覚を抱くことは確かにあった。お笑い芸人の中には嬉々として(?)体を張ったリアクション芸人という物が存在するし、出川哲郎やダチョウ倶楽部の上島竜平はいじられキャラを確立してる感がある。いわゆる「ヘタレ」がにじみ出ているという点とその反応にどこかしら愛嬌があるからではないだろうか。

しかしながらその中には見ていて気分のいいものばかりではない。笑い所がつかめないただ暴力を振るってるだけにみえる事が下記の動画やナインティナインの番組で見た記憶がある。芸と理解しようとしても集団で恐らく痛いと想像できるバスケットボールを浴びせかけられるのは見ていてこちらまでも痛々しい思いになる。


「いじめ」と「いじる」の境界線は線を引きにくい所がある。相手が不快に思うレベルが度を越してしまうと本当のいじめになってしまうから、いじるにしても多くいじりすぎないようなさじ加減が要求されるし、例えばいじる本人は周囲に目立つ”いじりやすい要素(髪型・仕草・言葉づかいなど)”などがあったとしても相手に配慮して気分を陰鬱にさせたり立場をあまりに悪くしない範囲とどめる必要がある。いじられる相手もそれを半ば了解の上である必要もある。日ごろからお互いの信頼関係を築いておくのもいじめにならない重要な要素と言える。
多分「いじる」事にはそれなりのバランス感覚が必要だという事なのだろう。

粘着テープや鉢巻きで手足を拘束したり、蜂の死骸を食べさせられたり、暴行したりこれら証言が事実でそれを市教育委員会や学校側、教員らが見て見ぬふり(見過ごせるレベルを超えているのでは)をしていたならとんでもない過ちを犯している。

このような方々には教育の現場をぜひとも退いてほしいものだ。教師だからと非の打ちどころのない人格者を求めるつもりはないが、出来る事すらやれなかったのは教育者としても、それ以前に1人の人間として大きな欠陥があるという他ない。

実体験としてのいじめ

私自身も過去にいじめを受けたことがある。やたらと突っかかってくる生徒がいたが、当たらないまでも振り払うように拳を出したためか喧嘩両成敗的な対応をされた事があった。実際はこちらが手を出された方が多かったのに、たった一回の抵抗だった。手数の問題ではないと言えばその通りだが、手を出されるたびに小さく落ち込んでいった気持ちを回復する捌け口を私は用意することはできなかった。その捌け口は今も見つかっていないかもしれない。

私自身、そのことを具体的に対処する事はできなかったし、周りの人間に自分の事をな理解を得られてはいないという思いが残っている。そして強烈に私の事を否定されたという思いも残っている。

自分の気持ちを正直に出せるように生きていきたいと思う。

|

« 終わりから始まる『あの日見た花の名前を僕はまだ知らない。』 | トップページ | ドラマ『悪夢ちゃん』についての雑感(4話まで視聴) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1142280/46381045

この記事へのトラックバック一覧です: 「いじめ」について少し考えてみる:

« 終わりから始まる『あの日見た花の名前を僕はまだ知らない。』 | トップページ | ドラマ『悪夢ちゃん』についての雑感(4話まで視聴) »