« 3DO R・E・A・L 隠れた名作『スター・コントロールⅡ』 レビュー | トップページ | 友人とのメールのやり取りについて »

2009年3月16日 (月)

どこの誰だか知らないけれどきっと誰もが知っている画家 石原豪人

Wikipedia:石原豪人
Google:石原豪人

小中学校に通っていた時なら教室や図書室の本棚などで児童向けの書籍が置いてあるのを見たことがあるでしょう。少年少女などの冒険を描いた児童小説、漫画と図解入りの生物や科学関係の本の数々、恐怖感を煽り立てるミステリー小説などなど・・・。
図書室は児童たちの知的好奇心を満たす宝庫でした。私も学研のことわざ漫画をよく読んでいました。(全然たいしたことないですね。)

多くの方は過去に石原豪人の絵を見たとすればミステリー小説や図鑑などに描かれている挿絵や表紙などを見てのことだと思います。その他、色々な所で絵を描いているので目にする機会は多かったのではないかと思います。絵の独特の雰囲気は読者がその作品に入り込んでしまうような現実感を醸し出しています。色使いもいい味出してます。

豪人ふぇちというページで紹介をしているのですが、かなりの画像を参照しているので懐かしい時間に浸ることが出来ます。 仕事を選ばず、近年ではサブカルチャーの分野にも活躍の場を広げ、またゲイの世界でも有名なイラストレーターだったようです。
ご存命中ならいくつかのアニメ・漫画作品との魔のコラボレーションが実現したのではと思うと残念に思います。 ゲイカルチャーが好きな方はスーパーマリオの絵をご覧になると良いでしょう。耽美で股間がやけに盛り上がった絵が見られます。

これほどの絵を描かれる方が忘れ去られていくのはあまりに惜しいですね。
ご本人の映像や音声が記録をされていればNHKの番組「あの人に会いたい」で紹介して欲しいものです。

|

« 3DO R・E・A・L 隠れた名作『スター・コントロールⅡ』 レビュー | トップページ | 友人とのメールのやり取りについて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1142280/28646998

この記事へのトラックバック一覧です: どこの誰だか知らないけれどきっと誰もが知っている画家 石原豪人:

« 3DO R・E・A・L 隠れた名作『スター・コントロールⅡ』 レビュー | トップページ | 友人とのメールのやり取りについて »