« 妙に癖になる音楽 李博士のポンチャック・ディスコ | トップページ | 相対的である事について考えてみる »

2008年12月16日 (火)

クレヨンしんちゃん 謎のしんこちゃん考察

考えられる候補としては未来のひまわり・異次元から来たひまわり・異次元から来た女のしんのすけ、ドッペルゲンガー、みさえの流産した子など色々な説が考えられます。SF的な可能性など交えて可能な範囲で考えるてみました。

気になる箇所を列挙すると色々あります。
・ひまわりとシロがしん子を以前から知っている様子があり、シロに対して「ひさしぶり」と言っていた。
・ひまわりとしんのすけの習性や癖が類似している。しん子としんのすけは全く同じ駄洒落を使っている。
・野原家について詳しい。
・自己紹介の時に暇な子供と言いなおした。
・うんち状の雲が発生した後に出現し、偶然なのかしんのすけが帰ってくると姿を消す。
・しん子が持っていたおもちゃ
・しん子はみさえ達に積極的に接触している。特にひまわりの世話を熱心に行う。
・しん子がさようならが嫌いと言った際に目を潤ませた。

まず家族でしか知らない情報を多く持っているのでしん子(以下彼女)は身内であるのは確かだと思います。自己紹介の場面で彼女がひまわりとすると別の世界から来たか現在の未来か異次元の未来からきたのだと思います。
性格や言動などを見ると将来ひまわりがしんのすけと同様の性格になる可能性は否定し切れませんが、ひまわりとしんのすけのどちらにも受け取れます。
もし異次元から来たとするならば彼女の存在は無限の可能性を持つ事になります。もしかしたらひまわりが先に生まれて、しんのすけが後から生まれる未来もあったのかもしれません。ただ便宜的に言うならばひまわりと名付けられたしんのすけと言ったところでしょうか。ひまわりの将来が分かれば比較もできるのですが・・・。

彼女が自己紹介の時にひまわりと言いかけましたが、ひまわりの姉(その他立場を表す言い方など)と言う風に言うのは不自然なので、「ひまわり」という可能性はかなり高い気がします。ただし、彼女が現在のひまわりと同じひまわりだと言う確信はありません。

では何のために来たのでしょうか?積極的にみさえの前に現れるので目的としてはただ単に会いに来たか、重要な理由から会いに来たと考えられるのですが。前者はないと考えます。単に会いたいという理由であれば家族に会うことで自らの存在を消してしまうリスクが高すぎます。しんのすけと同じ次元で会ってしまうと一方の存在も消しかねません。

であれば彼女が何か目的を持って行った事は「おもちゃ」にあるような気がしてくるのです。ですが、おもちゃとしては過去を変えられる程重要な物にも見えません。(例えばサッカーボールであれば事故に逢うときクッションになって命が助かるなど)不思議な力が宿っていると考える事もできますが、その後の話でおもちゃを持っているなら理解できますが、無ければ伏線としては無意味です。

そこでみさえの流産説であるとすれば少ししっくり来ます。おもちゃに流産した子供の魂が宿り、(恐らくは)流産したと思われる未来の子供のしん子が魂を入れ替えるためにやってきたとも考えられます。
彼女は恐らくは時間や異次元を移動する事や未来を知る事ができると考えられます。

しかしそう考えても果たして異次元の世界に干渉してまで行う理由があったかどうかを考えるとまた分からなくなります。

とりあえずは私の結論はもしかしたらあったかもしれない別の未来のひまわり(中身はしんのすけ)という事にしておきます。
真面目に考えてもほとんどが明確な理由を証明できないのできりがないですね。

異次元の話のヒントを得たのはNHKで放送されていたイギリス発のコメディー「宇宙船レッドドワーフ号」です。
作品中に主人公達とは別の次元から来た主人公達が来訪する話がありました。(男女入れ替わりの世界・人生の選択で分岐した別の世界・逆行する世界)

この作品はあまり品は良くないのですがギャグやSF的発想などでは大変優れていました。コメディー作品ではフルハウスもお薦めです。
これらの作品につきましてはまた機会があればご紹介させていただこうと思っています。

※1月23日の「また!しんこちゃんだゾ」の記事を追加しました。よろしければこちらもご覧ください。

|

« 妙に癖になる音楽 李博士のポンチャック・ディスコ | トップページ | 相対的である事について考えてみる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1142280/26238078

この記事へのトラックバック一覧です: クレヨンしんちゃん 謎のしんこちゃん考察:

« 妙に癖になる音楽 李博士のポンチャック・ディスコ | トップページ | 相対的である事について考えてみる »