« 物事の価値 | トップページ | 対馬が韓国領化?国防にも影響が・・・ »

2008年12月13日 (土)

山中の廃小屋に敷き詰められたエロ本の怪

「エロ山」4年目の真実

とある山中の廃屋を覗いてみるとおびただしいエロ雑誌やAV、その他現場の至る所に残された当事者が残したと思われる物の数々。

とても道が険しい雰囲気なのですが訪問の度に新しい遺物が残されており、謎は深まるばかり、男がエロ雑誌を処分するとすれば精々そこら辺の野山や人目のつかない所に処分する程度、わざわざこんな面倒くさい事をするのは当事者に何か個人的な理由がでしょうがあるんでしょう。

特に探索された方々が4年間も密着したという執念は凄い。廃墟マニアと言うのも今でこそ結構認知された気がしますが一種の変わり者と言う点では同じなんでしょうね。

まぁちょっと探せば変人なんてどこにでもいると思いますよ。一応私も変人の端くれでもあります。

|

« 物事の価値 | トップページ | 対馬が韓国領化?国防にも影響が・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1142280/26157719

この記事へのトラックバック一覧です: 山中の廃小屋に敷き詰められたエロ本の怪:

« 物事の価値 | トップページ | 対馬が韓国領化?国防にも影響が・・・ »